2017年01月03日

簡易自作シューティングタイマー作成

新年あけましておめでとうございます。

今回はシューティングタイマーを作ってみました。
以前BLITZさんでシューティングタイマーを貸していただいて
楽しさを実感、CARIBでも買おうか!という話になりました。

が!

安くて1万円、高いと3万円するそうで・・・
使うのは年に数回だろうし・・・
ちょっとお高いなーなんて思っていました。

しかし

待てよ?自分達の使い方なら要は的に弾が当たった時自動的に
カウントがストップして公平にタイムが図れればいいんだ。
もしかして機能を絞れば作れんじゃね?ってことで作ってみました。




先ずはストップウォッチの裏蓋を開け、配線の切れっ端でも使って
どこが導通すればストップスイッチが作動するのかを探ります。


そしたらどのご家庭にもある半田ごてで配線をはんだ付け、
今回買ったストップウォッチは非常に楽に作れて助かりました。


図としてはこんな感じでしょうか、自分は電気もはんだ付けも自己流
で覚えたので変なところもあるかもしれません、でも配線の色が
両方黒なのはわざとですよ!

で、スイッチはコレ

シールを見れば分かる通りカー用品店なんかに売っています。

後はストップウォッチの裏蓋に穴を開けて配線を通し、
マグネットスイッチとストップウォッチの配線をギボシ等
で接続すれば完成です。
後は好みで配線を足して長さを調節して下さい。


マグネットスイッチとの接続を切れば普通のストップウォッチ
としても使えます。

本物との違いは
・ディレイ機能が無いので射手と計測する人が必要
・マグネットスイッチなので時折誤作動を起こす
・ブザー音が小さい

それでもサバゲ仲間で集まってやるくらいのレベルなら
それなりにこなせるのでは無いでしょうか?
勿論シューティング競技をやる人は素直に本物を買いましょう。

ちなみに最初は100均のストップウォッチでもっとコストダウン
をしようと試みたのですが・・・

ご覧の通りあまりにも作りがしょぼくて逆に製作難易度が
上がってしまいましたw
2個壊して断念し上のストップウォッチを買うことに。

制作費はストップウォッチとマグネットスイッチで2000円
いきませんのでなかなかお手頃に作れたと思います。

こんな感じでスピードシューティングの真似事が出来ますので
みなさんも是非!





同じカテゴリー(装備・銃)の記事画像
撮影機材
備えあれば
CONDOR タクティカルギア MCR7 Ronin チェストリグ
気まぐれへっぽこ装備紹介
ワークマンはミリタリー店
気まぐれ武器紹介
同じカテゴリー(装備・銃)の記事
 撮影機材 (2017-09-10 11:08)
 備えあれば (2017-09-08 21:07)
 CONDOR タクティカルギア MCR7 Ronin チェストリグ (2017-08-25 00:48)
 気まぐれへっぽこ装備紹介 (2015-11-15 22:20)
 ワークマンはミリタリー店 (2015-10-18 01:35)
 気まぐれ武器紹介 (2015-10-08 19:56)

Posted by コウ@CARIB  at 14:55 │Comments(0)装備・銃

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。